【看護学科1年生】社会福祉 初講

看護学科1年生
社会福祉 初講

『“Namihei Isono” Society Comes』

家族について、
『サザエさん』
『ちびまるこちゃん』
『クレヨンしんちゃん』をもとに
考えてみる。

昭和初期からの社会情勢の変化とともに漫画の世界も変化がみられます。

そして、お馴染みの波平さん(54歳)

将来推計人口によると、2057年には、日本の平均年齢は53歳となる模様
これからの磯野波平社会にいかに備えるのか。
本授業をとおして、考えてみたいと思います。

【看護学科1年生】健康科学概論

看護学科1年生

健康科学概論

QOL(Quality of Life)の向上について皆で考えました。
自分にとってQOLとは?

一つ一つ付箋に書き出したら、グループ毎にまとめていきます。

普段皆が何に重点をおいて生活しているのかわかりますね。

意外と睡眠や健康を大切にしている人が多かったようです。

これから生活の質QOLの向上における心身の健康の重要性を理解しながら学びを深めていきます。

【看護学科1年生】白熱のポートボール!

まさかの双子コーデ!

昨日の保健体育はポートボール

宿題だった「1人1つづつ体操を考える」では、懐かしのラジオ体操をする人や、股関節まわし等難易度が高い体操を発表をする元運動部、目だけを動かすという(眼球体操)を発表したユニークな学生もいました。

どのチームも、15分の試合の中でどんどん上達していき、周りをよくみてグループのメンバーに素早くパス、ディフェンスが厳しければ自分で突っ走るなど…ファインプレー連発で大盛り上がり!

ちなみに、たまたま洋服がかぶった双子コーデの二人は運命的に同じ班になり、連携プレーが続き大活躍でしたよ!

【看護学科1年生】健康科学概論

健康科学概論

初講にて
「私たちが生きている現代社会のあり方について考察する」

個別ワークから、グループワークへ

その後、発表
社会における様々な出来事や疑問、違和感、漠然とした不安を掘り下げ
「いま・ここ」をできうる限り相対化して広い視野で見渡し、確かな方向感覚を獲得していきます

【看護学科3年生】実習に向けて

看護学科3年生は来週から実習がはじまります。

教室でのグループワークでは皆積極的に話し、前向きにコミュニケーションがとれていました。最初は慣れない人でも回数をこなすことでスムーズに進むようになってきました。

演習室では基本的な知識や実践的な技術の確認を行い、実習に備えています。

クラスメイト同士助け合いながら頑張ります!

【看護学科1年生】みんなでウォーキング②

昨日の保健体育は
先生も参加して、香西寺まで皆で歩きました。

ウォーキングには、血流をよくして動脈硬化を防いだり
疲れにくい体にしたり、体脂肪を減らしたり、様々な健康効果があります。

また、コミュニケーションをとるなど楽しみながら取り組むことで
ナチュラルキラー細胞が活性化されて免疫力の向上も期待されます。

これから勉強時間が増えてくると運動不足になりがちなので、
時間をつくって定期的に歩きましょう♪

看護学科1年生は、入学式からまだ10日ほどしか経っていませんが
皆新しい仲間と環境に少しずつ馴染んできたようです。