本文へジャンプ

お知らせ・新着情報

秋の香りに介護へのヒント/介護福祉学科『表現』

2015年9月4日

毎回、季節のものや旬のものを取り入れている
介護福祉学科「表現」の授業

attachment08

秋の味覚の代表選手といえば、栗にさつまいも!
ということで、今回は「芋栗ようかん」に挑戦しました。

 

attachment01

同じレシピで、同じ素材で、同じ調味料で、
学生達がそれぞれ、ようかんを作った・・・のですが、

不思議なことに、出来上がったようかんは、
それぞれ味も見た目も微妙に違っているのです(笑

 

attachment03

さつまいもの分量が少し多かったかな?
それとも、砂糖が少し足りなかった?

 

支援の現場でも、似たようなことがあります。

 

attachment05

あなたのちょっとした一言、
そっと差し出す手のひらが、
目にいる人の笑顔を引き出す。

 

レシピ通りでは無く、
時には「あなた」というスパイスも
支援の現場では必要になります。

 

jpg-_IGP3446

そういった、小さな気付きを感じられる、
介護士を育てたい!

少し早めな秋の香りは、
私たちにそんな思いを運んできてくれました。