本文へジャンプ

お知らせ・新着情報

愛の献血協力!!!

2018年2月15日

2月も半ばとなりました。

寒くなると献血する方が減り
血液が不足しがちになるそうです。

今日は、献血バスがやって来ました。

IMGP7440

本校では、学生、同法人の職員に声をかけ
年に1回、日本赤十字血液センターさんに
お越しいただいています。

 

人の命を救う愛の献血!!
自分の血液が誰かの命を救う!

人として、すごく善い行いですね。

IMGP7433

看護学科1年生にもセンターの方から
献血についてお話がありました。

 

IMGP7438

「献血」といっても
誰でも行えるわけではないですよね。

※400ml献血の場合
 男性 17歳~69歳まで
 女性 18歳~69歳までとなっており
 体重50kg以上であることなどがあげられるそうです。

 
IMGP7442

副作用などの同意説明を受け
献血者の登録を行います。

登録後も
本人確認の徹底を通して

責任ある献血を行っているのだそうです。

 

IMGP7450

色々な検査を受けて
このあとバスで献血タイム・・。

ご協力いただいた学生と職員の皆さん
お疲れ様でした!

 

ところで…

献血後の血液って
どのように扱われるのでしょう…。

主に輸血用の血液製剤として
患者さんの治療に合わせて使われるそうです。

血液って人工的に作れない大切な命。
人が命をつなぐために必要不可欠なもの・・。

学生たちもなんとなく
気分よく下校したのではないでしょうか。

 
日本赤十字血液センターの皆さん
お世話になりました。