本文へジャンプ

お知らせ・新着情報

記事一覧

    今年も学生達による、新一年生歓迎、学生交流会が開催されました。
    全学部、全学年の学生達が、雨の中、高松市総合体育館に集合。

    IMGP7884

    全12チームに分かれ、
    ・午前の部:ソフトバレーボール大会
    ・午後の部:ビンゴ大会      
    を開催しました。

    まずは、ソフトバレーボールの注意事項等の説明からはじまり

    IMGP7769

    ウォーミングアップからゲームへと

    IMGP7781

    IMGP7796

    IMGP7804

    IMGP7818

    IMGP7825

    徐々に、白熱していきました。

    IMGP7830

    昼食を摂ったあとは、表彰式!

    IMGP7861

    見事!優勝を果たしたチームには、「ご飯を食べに行きましょう!」賞が与えられ
    学校長より、手作りの目録が手渡されました。

    IMGP7857

    もちろん、ひとり一人にもちゃんとあります。
    おめでとうございます。

    そして、お待ちかねのビンゴ大会!

    IMGP7871

    IMGP7874

    ビンゴ!するかな?

    IMGP7846

    景品もたくさんありました!
    ビンゴしたみなさま、おめでとうございます。

    IMGP7882

    最後に、学生代表より挨拶があり

    IMGP7883

    教員の代表から、守里会看護福祉専門学校の発展と学生及び教職員の健康を祈念して
    1本締め!! 

    みなさん、お疲れ様でした!

    場所は、香川県教育会館ミューズホール

    平成24年の開校以来、
    本年は全学科・全学年が揃う節目の年です。

    学校長挨拶

    学校長も式辞の中でそのことにふれ、
    「「倫理感」「主体性」「協調性」をもち、
    学年・学科を超え、協力しあい、学校生活を豊かなものにして欲しい」
    と述べました。

    自治会代表の上池恵理奈さんが

    歓迎の言葉

    「学校生活では、楽しいことはもちろん、辛いこともあるかと思います。
    そんな時は、頼れる仲間・先輩・先生方に頼ってください。
    そして、お互いに切磋琢磨し、素晴らしい誇りある学校にしていきましょう。」

    と歓迎の言葉を述べると、

    新入生代表の米須かすみさんは

    誓いの言葉

    「悩み迷うときも、看護・介護・保育3学科新入生一同、
    力を合わせて乗り越えていこうと思います。」

    と応えました。

    9

    10

    11

    お越しいただいた保護者の皆さま、
    お忙しい中ご臨席いただきましたご来賓の皆さま、
    ありがとうございました。

    3

    4

    本校に集い資格を目指す学生たち。
    彼ら彼女たちの夢は地域の夢でもあります。

    その夢が叶えられ、地域を守る人材となれるよう、
    教職員一同、しっかり努めて参ります。

    全員集合

    7

    非常勤講師を始めとする関係者の皆様、
    本年もご指導・ご鞭撻お願い申し上げます。

    「看護学科の授業」と聞いて、
    皆さんはどんな内容をイメージするでしょうか。

    re_m-imgp6051

     
     

    今回ご紹介する『老年看護学概論』では、
    「『老いを生きる』高齢者の人達を支える」とは、どういうことなのか?
    という広いテーマを学んでいます。

    re_jpg-3524__IGP8230

     
     

    これからは、1年間のまとめ。
    本校では1階にショートステイがある立地を活かし、
    実際に高齢者の方とお話をさせていただきます。

    re_jpg-3524__IGP8229
    (本校の環境を動画でご覧いただけます。)

     

    「老いを生きる」ことを支えるためには、何が必要なのか?
    高齢者への理解を深めるために、私達は何を知ればよいのか?

     

    学生達はその答えを探るべく、
    自分達で質問を考え、コミュニケーションを図っていきます。

    re_jpg-3524__IGP8228

     

    そうして、これからの地域医療に欠かせない
    「高齢者への理解」を深めていきます。

    re_jpg-3524__IGP8297

     
     

    来週はグループ発表。学習した内容と、この日うかがったお話をまとめ、
    1年間を締めくくります。

    re_jpg-3524__IGP8224

     

    本校ではこれからも、学科理念に掲げる
    「地域医療の一端を担い、「人」として全体を看ることができる、
    感性豊かな看護師」

    の育成を目指し、取り組んで参ります。

    re_jpg-3524__IGP8223

     

    Posted by syurikai at 13:46 | Coment(0) | 授業風景 ,看護学科

    高齢になっても、皆が活き活きと暮らせる地域づくり・町づくりを目指し、
    2009年に第1回を開催し、今年で7回目を迎える

    地域福祉講演会 わたしの町はみんなが家族」。

    チラシのダウンロード】(PDF 1.7MB)

     

    chiiki

    今年は本校を会場として開催されます。

     

    講演では、元NHKアナウンサーの町永 俊雄 氏をお迎えし、

    machinaga

    「『自分らしく』を作るための地域力」をテーマにお話いただきます。

     

    実践発表では、認知症フレンドシップクラブ富士宮事務局

    fuji

    の方に、認知症の方との富士登山「Dシリーズ」など、
    その精力的な取り組みについて発表いただきます。

     

    当講演会は、是非とも地域の方たちに幅広く聞いていただきたく、
    本校が立地する地元香西地区の方もお招きし、ご挨拶いただきます。

     
     

    参加無料でどなたでもご参加いただけます。
    (ご参加希望の方は、こちらのページをご参照ください。)

     

    皆で、”町づくり”の視点から福祉を考えてみませんか?

    皆様のご参加をお待ちしております。

     

    つい先日に入学したばかりだと思っていた
    看護学科1年生。

    宣誓式の晴れ舞台に臨みました。

    jpg_IGP5922

     

    教員手作りのコサージュを胸に。

    jpg_IGP5875

    ナイチンゲール像からの灯りを手に。

    jpg_IGP5909

    これらは、看護師である”先輩達”からの想いを表します。

     

    その想いを引き継ぎ、
    自分たちが目指す看護師像を宣誓します。

    jpg_IGP5923

    入学当初に比べずいぶんと頼もしくなった1年生ですが、

    11月から始まる臨地実習へ向け、
    不安や気持ちの高まりも垣間見られるようになりました。

     

    この日、看護師への扉をたたいた学生達。
    今、一つの大きな山を迎えようとしています。

    jpg_IGP5957

    実習を受入れてくださる病院の皆様、
    携わっていただいている先生方・・・

    jpg_IGP5927

    これからも御指導・御鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

    Posted by syurikai at 14:09 | Coment(0) | お知らせ ,看護学科

    jpg-IGP4331

    岩本豊さん(ALS-筋萎縮性側索硬化症-患者の当事者)をお招きして、

    ALS患者一人ひとりが自分らしく暮らすために
    私を生ききる挑戦

    と題して、講演をしていただきました。

    jpg-IGP4333

    ALSとは、運動神経が壊れて筋肉が萎縮していく進行性の難病です。
    一般社団法人日本ALS協会のHP)

    岩本さんは、その恐怖を”人間性の破壊行為”と表現し、
    その発症から診断、現在に至るまでの心境や体験談を、率直にお話いただきました。

     

    jpg-IGP4336

    講演の最後には、「患者に寄り添うみなさんの手は、魔法の手」と題し、
    看護師を目指す学生達へメッセージを頂きました。

     

    jpg-IGP4337

    講演後は、学生自ら「文字盤」を使わせてもらい、
    岩本さんと直接、質疑応答。

     

    岩本さんのお話には、終始、周囲へのサポート、
    とりわけ奥様への感謝の言葉にあふれていました。

    jpg-IGP4354


    ”私たちは、看護師の手の動きで、そのかたの手に込めた気持ち、
    「手当ての心」が感じ取れます。
    自分のからだをいたわる時のその手で、私たちを手当てしていただけませんか。”

    岩本さんのお話は、看護師を目指す学生達に
    知識や技能の他に、もっと大切なものがあることを
    教えてくれる内容でした。

    その”もっと大切なもの”を胸に、
    毎日を大切に過ごして参りたいと思います。

    ******
    岩本 豊さん
    ALS(筋萎縮性側索硬化症)当事者。
    平成24年にALSの診断を受ける。
    奥様との二人三脚で、
    入院ではなく自宅療養を決断。
    講演会や啓発活動、
    香川県ALS患者・家族会の立ち上げ
    など、積極的な活動を行ってらっしゃいます。
    ******

    Posted by syurikai at 17:55 | Coment(0) | 授業風景 ,看護学科

    jpg-IGP3921

    西村美穂 先生(香川大学医学部看護学科 老年看護学)をお招きし、
    『終末期にある高齢者の家族の体験』と題してお話いただきました。

     

    jpg-IGP3920

    余命宣告されたお祖父様との日々を通して見えてきた、
    看護師として大切にしなければならないもの。

     

    jpg-IGP3926

    看護師を目指す学生たちに、伝えたかった2つのこと。

     

    ・病気を見るのではなく、その人の人生を見て欲しい。
    ・どんな環境でも、その人らしい生涯を送れるようにして欲しい。

     

    この講義の内容は、国家試験に出る内容ではないかも知れません。
    けれど、学生達の心に響き、胸に残るものがあったはずです。

    jpg-IGP3927

    看護学科特別講義では、
    これからの看護師として、社会・医療の現場で必要と思われる内容を伝えています。

     

    jpg-IGP3923

    間もなく初めての実習に向かう1年生たち。

     

    jpg-IGP3928

    今回の講義で感じたことを、
    是非ともこれからの人生に活かして欲しいです。

    Posted by syurikai at 12:15 | Coment(0) | 授業風景 ,看護学科

    jpg-IGP3607

    本日もオープンキャンパスにお越し下さった皆さん、
    ありがとうございました。

     

    jpg-IGP3661

    ご来校いただいた皆さんからは、よく本校の校舎についての
    感想をいただきます。

     

    jpg-IGP3658

    jpg-IGP3641

    開校3年目なので、「新しい」ことはもちろんなのですが、

     

    jpg-IGP3630

    学校内に届く、園児の声や遊ぶ音、1F高齢者施設からは
    賑やかな声や、昼食の準備の匂い。

     

    jpg-IGP2943

    1Fロビーで、学校と施設がゆるやかに繋がっている景色には、
    皆さん驚かれています。

    ここから、通常の専門学校では出来ない体験や出来事、出会いが生まれます。

     

    9/1より願書受付を開始しております。
    第1回選考日は9/26(土)。

    皆様とお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

    いよいよ本日より後期がスタート!

    後期初日、
    これから医療・福祉の現場へ旅立つ皆に、
    是非とも聞いておいてもらいたいセミナーが開かれました。

    attachment01

    日本赤十字社 香川県赤十字血液センターの職員をお招きしての献血セミナーです。

    献血者数の減少が続く中、香川県でも、
    平成17年献血者5万人以上
         ↓
    平成26年献血者3万7千人

    と減少の一途を辿っています。

    jpg-IGP3421

    また、10代・20代の献血者数が特に減少幅が大きく
    若い世代の協力が不可欠な状況です。

    attachment00

    多くの人が血液を待っている現実がそこにあります。

    jpg-IGP3424

    まだ今は資格を持たない専門学生ですが、今の私たちでも誰かの役に立てるかもしれない!

    ということで、学校として献血事業に協力させていただくことになりました。

     

    今回の献血を始め、これからも、社会・地域へ貢献できるよう努めて参りたいと思います。

    jpg-IGP2934

    夏休み最後のオープンキャンパス。

     

    jpg-CIMG1301

    本日も多数の方にお越しいただき、ありがとうございました。

     
     

    学校長からの挨拶でも申上げました通り、

    CIMG1296

    校名に冠する「守里会」は、「里(=故郷)を守りたい」という、
    初代理事長の思いが込められた名前です。

     
     

    人生のうち、誰もが関わる「保育・看護・介護」。

    jpg-CIMG1312

    この3つの分野を通じて、里を守れる人を育てたい。

     
    jpg-IGP2943-2

    私たちの校舎が、保育所・高齢者施設に併設されている理由はここにあります。

     
     

    本日使用した竹製の水鉄砲。

    jpg-IGP2956

    施設のお年寄りが、この日のために準備くださったものでした。

    jpg^IGP2955

     
     

    3つの分野に3つの世代。

    jpg-IGP2964

    これらが一つとなる雰囲気。

    jpg-IGP2980

    その雰囲気を感じてもらえるよう、
    これからも取り組んで参ります!

     
     

    いよいよ9月1日から願書受付が開始となります。

    次回オープンキャンパスは9月12日(土)。
    夏の学校見学会、夜間相談会(9月からは毎週金曜日)も開催しております

     

    この機会に是非本校に足をお運びください!