本文へジャンプ

お知らせ・新着情報

記事一覧

    今夏
    7月30日~8月12日

    オープンキャンパス2018
    「小田から創まる私たちの流儀」を
    さぬき市小田キャンパスで開催しました。

    様々なイベントを通して
    地域や人と関わることの大切さを
    改めて実感しました。

    イベントの様子は
    こちらのブログにて掲載しておりますので
    是非ご覧ください!

    【郷土史を語り継ぐ】1日目
    【郷土史を語り継ぐ】2日目【自由研究】
    【フォトワークショップ】
    【木工・工作】
    【書道パフォーマンス】
    【海体験】1日目
    【海体験】2日目
    【郷土料理】夏ピザ
    【郷土料理】押し寿司
    【夏祭り】
    【リアル当事者ゼミ】

    オープンキャンパスにご参加いただいた皆さま。
    遠く、沖縄や九州からもお越しくださり
    深く感謝いたしております。

    そして、
    小田地区の皆さま。

    開催にあたり、
    ご協力いただいた皆さま。

    本当にありがとうございました。

    子どもに接する機会の多い
    保育士にとって

    とっても大切な講習。

    IMGP4732

    乳幼児の一次救命処置は
    成人の場合と
    心停止の原因や処置方法など
    どのような違いがあるのでしょうか。

     

    IMGP4895

    今回
    日本赤十字香川県支部
    藤原先生と、荒谷さんにご講義いただきました。

     

    キーワードは
    ・AED
    ・寝室細動
    ・心停止から5分以内
    ・簡素化

     

    小さな子供は
    大人が思いもかけない行動をとるものです。

    不慮の事故を防ぎきれず
    意識がなくなってしまったら

    どうすれば良いのでしょうか。

    IMGP4737

    救命には
    何より、スムーズな連携が必要です。
     

    IMGP4738

    命に係わること…
    学生たちも真剣に聞いています。

     

    心肺蘇生のキーワードは
    強く!早く!絶え間なく!

    IMGP4744

    意識の確認と呼吸の確認
    ※お人形は幼児(4~5歳児)のきよしくんです。
     

    IMGP4749

    人工呼吸
     

    同じ様に
    学生たちも体験します。

    IMGP4751

     

    IMGP4768
     

    そして
    AEDを使ってみることに。

    IMGP4794

     

    AEDを使うには注意点もあり
    1歳以上8歳未満(体重25kg未満)の小児には、
    「小児用電極パッド」があるそうです。

    IMGP4790
     

     

    0歳児は
    胸骨圧迫も指2本で。

    IMGP4812

     

    人工呼吸も行います。

    IMGP4801

     

    喉に詰まった物を
    吐き出すときは
    IMGP4817

    さかさまにして
     

    IMGP4822

     
    トントントン!

    IMGP4826

     

    実践でも役に立つように
    体で覚えていきましょう。

     

    その他にも

    IMGP4845

    カットバンをカットしながら

    IMGP4848

    より使いやすく応急処置する方法や
     
     

    IMGP4858

     
    ストッキングで

    IMGP4862

    三角巾!
     
     

    IMGP4876

    タイツで
     

    IMGP4878

    帽子。
     
     

    IMGP4887

    タイツで
    肩の保護。
     

    IMGP4894

    おんぶ紐など
     

    いざという時の
    便利な使い方を
    教えていただきました。

     
     
    夏休みに入り
    山や海に出かける方も
    多くなりますね。

    小さな子どもさんに関わらず
    命を守る救命処置の知識や体験が

    役に立つ時が来るかもしれません。

    日本赤十字さんでは

    ボランティアを募っているそうです。
    学生の皆さんも興味のある方は
    ご応募してみてはいかがでしょうか。

    県外からのお客様

    2016年11月4日

    先日
    私たちの施設を見学に
    広島県からたくさんの方が
    お越しになりました。

    imgp1248

    まず
    社会福祉法人「守里会」について
    ご説明させていただき

    各施設をご案内!

     

    imgp1270

    imgp1383

    本校の様子から

    imgp1288

    imgp1305

    imgp1299

    初音保育所を見学され

     

    imgp1326

    ショートステイセンター 一樹にて

    保育所の子どもたちも一緒に
    ハロウィン気分を
    楽しんでいただきました。

     

    そう!
    この日は10月31日。
    ご存知!
    ハロウィンパーティーの日。

    イベントに合わせて
    保育所の子どもたち、一樹のお年寄りさん

    そして
    本校の学生も加わり
    実践を通して、学んでいます。

    ※こんな一説も・・↓
    守里会 新聞連載コラム

     

    学校と同じ敷地内に
    保育所、介護施設が隣接し
    常に、実践を通して学べる環境・・。

    県内外の様々な立場の方々に
    広く、知っていただくこと・・。

    私たちの使命だと感じています。

     

    このあとも
    見学者のご依頼は続いています。

    皆様からの
    ご意見をお聞かせいただきながら

    私たちにできること。

    追及していきたいと思います。

    Posted by syurikai at 17:31 | Coment(0) | お知らせ ,オープンキャンパス ,講演会

    前回に引き続き、
    地域福祉講演会の後半のご紹介です。

    町永氏に続き、ご登壇頂きましたのは、稲垣康次氏。

    jpg-3524__IGP6934

    富士宮市役所の職員であり、認知症フレンドシップクラブの事務局を勤められています。

     

    以前から既知の間柄であるお二人。

    jpg-3524__IGP6967

    町永氏の鋭い質問に対し、「こんなこと言っていいんですかねぇ(笑)」
    といいながら、核心をつくやりとりが続きました。

     

    富士宮市の認知症に対する先進的な取り組みは、
    「始めから狙ってやろうとしたのではない」とのこと。

    jpg-3524__IGP6945

    そもそも、現場や地域には様々な要望や人的資源があった。

    そんな「声」を、(認知症の当事者である)佐野光孝氏と聞いて回る事によって
    拾い、つなぐ事ができたそうです。

     

    jpg-3524__IGP6956

    当事者がその中心にいることにより、
    自然と輪が広がり、そこに医師などの専門家が加わっていったのだと。
    時には、医師が認知症当事者役として、劇に出てくださったこともあるそうです。

     

    また、町永氏からは、「たった一人(=佐野氏)のために行政が動くのは不公平だったのでは?」という質問も。

    jpg-3524__IGP6953

    当初はそういった非難の声もあったそうです。

    jpg-3524__IGP6944

     

    しかし、
    取り組んでいるのは答えのない問題。それならば、
    目の前で困っている人を救えなければ、
    その向こうにいる大勢の人達を救えるはずはないー
    そう答えたそうです。

     

    jpg-3524__IGP6974

    講演最後の質疑応答で、一つの事例をお話くださいました。

    ヘルパーが家に行くと、冷蔵庫がいつも卵だらけの認知症の方。
    その対策に向かうのは、何と地元商店街。

    jpg-3524__IGP6977

    事情を聞いた商店街の方。
    あるお店は返品対応しよう、他の店はレジで声かけするようにしよう、など、
    各お店の方達が、自分たちで出来る対応策を話合われるそうです。

     

    富士宮では、店長がお弁当を暖めて認知症の方に届ける、そんなコンビニが普通にあるそうです!

     

    jpg-3524__IGP6943

    認知症の方が、地域で生き甲斐を持って生きるには、
    同じ当事者同士のつながりが最も大事だと確信しています、

    と語る稲垣氏。

    今は観光課に配属されているそうですが、
    これからも、NPO活動を通じて地域づくりに帆走されるそうです!

    Posted by syurikai at 22:54 | Coment(0) | お知らせ ,地域貢献 ,講演会

    jpg-3524__IGP6866
    11/21に本校にて開催された地域福祉講演会。

    jpg-2334__IGP6928
    たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

     

    前半は、福祉ジャーナリストで元NHKアナウンサーの町永俊雄氏による講演、
    
 
    jpg-3524__IGP6907

    「『自分らしく』を作る地域力」と題し、ご講演いただきました。

     

    冒頭、「地域の課題」といってもその間口は非常に広く、「認知症を入り口に話を進めてまいります」とのこと。
     

    jpg-3524__IGP6917

    認知症の方は、2015年(10年後)には700万に達するといわれ、これは高齢者の5人に1人が認知症になる計算になります。
     

    しかし、国がうたう「認知症の早期診断」は、それが支援に結びつかない限り「早期絶望」になるしかない。
     

    jpg-3524__IGP6919

    「認知症と診断されただけで周囲の扱いが変わってしまう」困惑が、当事者からの声でやっと分かって来た、というのが現状です。
     
     

    jpg-3524__IGP6901
     
    「認知症」起因のトラブルは、受け手である私たち(=地域)の混乱が原因、と町永氏は指摘されます。

     

    『地域を創る』=『福祉を創る』こと。
     
    jpg-3524__IGP6910

     
     

    いじめ、自殺、不登校など、地域の問題の根幹には「孤立・無関心・排除」が原因としてある。
     
    jpg-3524__IGP6901
     

    『想像・関心・共感』といった、人が本来持っている力、
    そんな力をもった社会が『共生社会』=「『みんなが家族』だ」と実感できる社会

    そして、地域というものにはまだまだ、
    活用されていないすごい力がある、と。
     
     

    jpg-3524__IGP6904

    最近、福祉業界で言われる言葉、
    「ひとりの百歩より、百人の一歩」

    皆で、「みんなが家族だ」と実感できる社会を創って参りましょう」。

    ====
    講演後半部分はこちらから。

    Posted by syurikai at 14:54 | Coment(0) | お知らせ ,地域貢献 ,講演会