本文へジャンプ

平成29年度 介護福祉士実務者研修について

平成28年度(平成29年1月)から介護福祉士国家試験制度が大きく変わります。これまでの実務経験3年に加え、 新たに「実務者研修」の修了が、義務付けられるのです。
これは、終了時に「幅広い利用者に対して、 基本的な介護を提供できる能力を有する」という介護福祉士養成施設卒業者と同じ水準に達することを意味します。

実務者研修 受講のメリット

  • 介護福祉士国家試験の受験資格を得られる

    現行の介護福祉士国家試験制度は、平成27年度までです。それ以降につきましては、 「実務者研修」の修了が義務付けられています。また、現在行われている「初任者研修」では 受験資格は得られません。
    介護現場で働いて経験を積みながら、資格を取得したい人にとって、この「実務者研修」修了は、 欠かせないものです。

  • 現場で働きながら、受講できる

    本コースは、通信制のため基本的に「自宅学習」にて受講することができます。 本校は、最短8ヶ月で修了できますが、3年間は在籍することができますので、 自分の生活に合わせて無理なく取り組めます。また、スクーリングの期間も 「最大9日間」ですし、休日に開かれますので、働きながら受講することが可能です。

  • 実務経験は無くても、介護に興味がある方なら大丈夫

    介護に必要な知識や技術をもれなく学べる内容ですので、介護経験がない人や 将来的に介護の仕事に就きたい人も、受講することで、介護施設への就職にも有利です。

  • 医療的ケアが習得できる

    現行の介護福祉士でも講習を受講しないと行うことができない「医療的ケア」を修得できます。 喀痰吸引や経管栄養などの基本的な知識を学べます。(実務者研修終了後、 現場での喀痰吸引や経管栄養の処置を行うためには、実地研修を修了することが必要です)

  • サービス提供責任者になれる

    現行では「介護福祉士」や「介護職員基礎研修」の資格が必要ですが、実務者研修修了者であれば、 訪問介護事業所で必置の資格である、「サービス提供責任者」にもなれます。

  • 他の研修を受講されている方には、免除科目がある

    「ヘルパー3級」「ヘルパー2級」「ヘルパー1級」「初任者研修」「介護職員基礎研修」などの 研修を既にされた方には、免除になる科目がありますので、すべての科目履修やスクーリングを 受講しなくても構いません。また、受講料もそれぞれに設定しておりますので、ご確認ください。

本校の特色

  • 学校と介護施設が併設

    本校は、全国でも珍しい専門学校と高齢者施設が同じ建物にあります。 学校に居ながらにして、元気に生き生きと暮らしている高齢者とそこに寄り添う職員を 見ることができます。まさに、実践的な現場と姿を感じ取ることができる環境です。 希望者には、施設見学や職員に直接話を聞くなどできます。

  • 介護福祉士養成のプロが直接指導!

    医療・介護の現場を知り尽くした社会福祉法人の専門学校である本校だからこそ 福祉教育を行うことができます。長年、高齢者福祉に携わった経験と実績を活かし、 本校の教員がわかりやすく現場に即した実践的な指導を行います。

  • 充実した学習環境

    平成26年4月に開校したばかりの本校は、最新の教材を取り揃え、充実した設備を有し、 様々な状況を想定した実技の演習を行うことができます。

  • スクーリングを受けやすい環境

    本校は、香川県高松市に位置し、高松駅からは、公共交通機関で15分。イオンモール高松の 目の前です。また、駐車場も完備しており、スクーリングも車で通学できます(要申込・先着順)